「薬理学/生理活性物質と消化器作用薬」の版間の差分

また、生理学的には、5-HT受容体は過敏性腸症候群に関わっている<ref>『標準薬理学』、P541</ref>と考えられている。
 
日本では、ラモセトロンの女性への投与量は、男性の半量に制限されている<ref>『パートナー薬理学』、P338</ref><ref>『はじめの一歩の薬理学』、P167</ref>。女性のほうがラモセトロンの血中濃度が上昇しやすいから<ref>『はじめの一歩の薬理学』、P167</ref>だとされている。
便秘型IBSにはリナクロチドが使われる<ref>『パートナー薬理学』、P338</ref>。
 
便秘型IBSにはリナクロチドが使われる<ref>『パートナー薬理学』、P338</ref>。
 
=== 炎症性腸疾患 ===
23,477

回編集