「学習方法/高校英語」の版間の差分

→‎英単語集の選び方: いくつかの予備校の単語集には英単語の勉強法も書かれており、どれを見ても大抵、「新しい単語の学習では、一緒につかう単語とセットで覚えろ」といった内容が書かれています。
(→‎英単語集の選び方: いくつかの予備校の単語集には英単語の勉強法も書かれており、どれを見ても大抵、「新しい単語の学習では、一緒につかう単語とセットで覚えろ」といった内容が書かれています。)
 
=== 英単語集の選び方 ===
==== 基本の要求事項 ====
==== 類義語や対義語、例文など必須 ====
===== セットになる別単語も必要 =====
高校レベルでは、新しい単語の意味を覚えるときは、単語の日本語の訳の字面(じづら)だけを覚えても不十分です。そうではなく、たとえば形容詞を覚える場合、その形容詞で修飾される名詞と一緒に組み合わせるなどして、覚えましょう。
 
いくつかの予備校の単語集には英単語の勉強法も書かれており、どれを見ても大抵、「新しい単語の学習では、一緒につかう単語とセットで覚えろ」といった内容が書かれています。
 
動詞も同様、セットになる名詞と一緒に練習するべきです。もっとも、普通の市販の単語集なら、そういうセットになる単語も書かれているので、市販の単語集で勉強すれば問題ありません。
 
進出単語がセットでなくても覚えられるのは、せいぜい中学の前半までです。高校ではもう、単語を1語ずつ単独でバラバラに勉強するのは、やめましょう。
 
しかし、ネット上の英語勉強サイトには、サイト作者・企業の手抜きからか、日本語の訳だけを羅列したような低品質なサイトもあります。まったくネットは参考になりません。きちんと市販の単語集を買いましょう。
 
===== 類義語や対義語、例文など必須 =====
まず、単語の学習では、けっしてヤミクモに多くの単語を覚えるのではなく、類義語や対義語との違いなども把握しなければなりません。そのため、例文なども交えつつ把握しながら勉強する必要があります。
 
なので、例文などの少ない単語集は、少なくとも高校基礎レベルとしてはアウトです。
 
==== 結局どうすればいいか ====
もっとも、高校生向けの参考書はそういう事をきちんと理解しているので、とりあえず高校生むけの単語集を買えばとくに問題はないのですが、しかし、高校生向けではない市販の英検対策やTOEFL対策本などの資格本の中には、単語を多く掲載したいあまりに、例文や類義語などを省略ぎみの単語集も(英検対策本などでは)多くあります。
高校生向けの参考書は、セット語彙や類義語・対義語の紹介の必要性など、そういう事をきちんと理解しているので、とりあえず高校生むけの単語集を買えばとくに問題はないのです。
 
もっとも、高校生向けの参考書はそういう事をきちんと理解しているので、とりあえず高校生むけの単語集を買えばとくに問題はないのですが、しかし、高校生向けではない市販の英検対策やTOEFL対策本などの資格本の中には、単語を多く掲載したいあまりに、例文や類義語などを省略ぎみの単語集も(英検対策本などでは)多くあります。
 
なので高校生は、英検対策ではなく、まずは高校生向けの単語集を買いましょう。1社の単語集しか使わないと例文がどうしても不足するので(たとえば桐原しか使わないと例文不足になります)、少なくとも4500語レベル付近では1社だけでなく2社以上が必要です。
 
 
==== 英検などは後回し ====
23,377

回編集