「学習方法/高校英語」の版間の差分

独自研究の可能性テンプレートを除去。作成者と管理人が議論ずみで、不要だという結論が管理サイドから出されている。
(→‎英単語集の選び方: いくつかの予備校の単語集には英単語の勉強法も書かれており、どれを見ても大抵、「新しい単語の学習では、一緒につかう単語とセットで覚えろ」といった内容が書かれています。)
(独自研究の可能性テンプレートを除去。作成者と管理人が議論ずみで、不要だという結論が管理サイドから出されている。)
{{独自研究の可能性}}
 
== IPA(国際音声記号)を学ぼう ==
IPA(International Phonetic Alphabet, 国際音声記号)とは世界中の言語の発音を表記できるように開発された記号である。これが、英語の単語を発音する際、重要であることは明白であろう。日本には、「英語には日本語にはない音が存在する」「英語は発音が大事」などと声高に叫ぶが、どうやってその音を調音するかという肝要なことは教えていない高校も存在するようだ。しかし、調音方法を知らずに第一言語に存在しない音を発音しろというのは不可能と言っていい。IPAを学ぶ際には必然的に音声の調印方法を体系的に学ぶことになる。したがって、フィーリングではなく理論に基づいた音声の発音が可能となる。
23,377

回編集