電気回路理論

 

←第2章 第3章 交流回路 第4章→

3 phase AC waveform.svg

交流回路は電流の向きが周期的に変化する回路である。この様な場合、インダクタやキャパシタは直流回路とは異なる振る舞いをするが、複素数を考えることによって直流回路と同様の解析を行うことが可能となる。この章を学ぶ前に、複素解析やフーリエ変換について学んでおくことが望ましい。

なお、この章では電源を入れてから十分に時間が経ったときの回路の振る舞いを解析する方法を学ぶ。現実にはある時点で電源を入れて回路に電流を流すわけであるが、そのような場合の回路の振る舞いについては次章で学ぶことにする。

目次編集