高等学校農業 植物バイオテクノロジー


加筆・訂正を行ってくれる協力者をお待ちしています。この内容は暫定的な物です。


目次編集

植物バイオテクノロジーの原理
高等学校農業 植物バイオテクノロジー/組織培養と遺伝子組み換えの原理   (2016-04-21)(ウイルス検定、細胞質雄性不稔、カルタヘナ法など)
高等学校農業 植物バイオテクノロジー/組織培養の基礎   (2016-04-22)(苗条原基、無菌操作、液体培地など)
高等学校農業 植物バイオテクノロジー/組織培養の施設・設備と機器・器具   (2016-04-22)(実験準備室、洗浄など)

参考編集

指導要領では次のように教育内容を定めてます。

  1. バイオテクノロジーの意義と役割
    1. バイオテクノロジーの意義
    2. 産業社会とバイオテクノロジー
  2. 植物バイオテクノロジーの特質と基本操作
    1. 植物の構造と機能
    2. 無菌操作の基本
  3. 植物の増殖能力の利用
    1. 組織培養の目的と技術体系
    2. 培地の組成と調整
    3. 培養植物体の生育と環境
    4. 野菜や草花への活用
    5. 果樹や作物などへの活用
    6. バイオテクノロジーの活用実態
  4. 植物の遺伝情報の利用
    1. 遺伝子組換えの仕組み
    2. 細胞融合の仕組み
  5. バイオマス・エネルギーの利用
    1. 栽培植物の利用
    2. 有機廃棄物の利用
  6. 植物バイオテクノロジーの展望
  7. 植物バイオテクノロジーの実践