ガリア戦記/用例集/不定法を伴う対格

不定法を伴う対格編集

ウィキペディアla:Accusativus cum infinitivoの記事があります。

例えば、次のような文がある。

この文を不定法句に変えることによって、cēnseō 「私は~と思う」「私は~と述べる」 という動詞の目的語とすることができる。

これを Accusativus cum infinitivo (不定法を伴う対格)という。

この不定法句において、動詞は不定法となるが、主語も述語も対格をとる。

用例編集

《 》は訳者が説明のために補った。

1巻3節7項編集

  • nōn esse dubium, quīn tōtīus Galliae plūrimum Helvētiī possent ;
    sē suīs cōpiīs suōque exercitū illīs rēgna conciliātūrum 《esse》 [3] cōnfīrmat.

 (1巻3節7項

1巻7節1項編集

  • Caesarī cum id nūntiātum esset, eōs per prōvinciam nostram iter facere cōnārī, mātūrat ab urbe proficīscī et quam maximīs potest itineribus in Galliam ulteriōrem contendit et ad Genāvam pervenit.

 (1巻7節1項

1巻7節4項編集

  • Caesar, quod memoriā tenēbat Lūcium Cassium cōnsulem occīsum 《esse》  exercitumque ēius ab Helvētiīs pulsum 《esse》 et sub iugum missum 《esse》, concēdendum 《esse》 nōn putābat ;

 (1巻7節4項


再帰代名詞sibi,illisを用いる用法編集


1巻3節2項編集

1巻3節6項編集

  • Perfacile factū esse illīs probat cōnāta perficere

 (1巻3節6項



脚注編集

  1. ^ w:en:Carthago delenda est
  2. ^ w:de:Ceterum censeo Carthaginem esse delendam
  3. ^ Stuart, p.194による

関連項目編集


関連記事編集