労働基準法第26条

コンメンタール労働基準法

条文編集

(休業手当)

第26条  
使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の百分の六十以上の手当を支払わなければならない。

解説編集

参照条文編集

判例編集


前条:
労働基準法第25条
(非常時払)
労働基準法
第3章 賃金
次条:
労働基準法第27条
(出来高払制の保障給)


このページ「労働基準法第26条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。