メインメニューを開く

勉強には教科書と資料集が必要編集

中学校の段階では予習の際に参考書だけでなく資料集も必要です。もちろん、学校で配布される教科書も持っておく必要があります。資料集に書いてあることは、他の教科書出版社の教科書に書いてあったりします。たとえば、帝国書院 (教科書の出版社) の資料集に書いてあることは帝国書院の検定教科書に紹介されてなくても、他の出版社の検定教科書に書かれていたりします。

もし資料集を無くしてしまったら、教科書取次店とりつぎてんで注文して購入してください。どの地域にも、教科書の取次店があるので、保護者の方や担当教員に相談し、なくした資料集を注文しておいてください。

中国の地名・人名の発音について編集

  • 「北京」ペキンなどの日本でも有名な地名については、その発音にしたがった一般書籍も多いので覚えるのが良い。
    • ただし、天津ティエンティンなどの地名の中国風・韓国風の読みに関しては、入試などでは細かな現地の発音が問われることはおそらく無いだろう (時代や地域によって発音がバラバラなため) 。

以上の理由から、中国・韓国の地名を覚えるときは、原則として日本語読みで覚えることを推奨します[ウィキブックスの1編集者の見解または意見に過ぎません](例外は「ペキン」と「ホンコン」「シャンハイ」など、発音の日本での知名度も高い一部の地名など)

説明編集

最近の中学社会の検定教科書では、「天津」てんしん「孫文」そんぶんなどの中国や韓国の地名と人名の読みが、天津ティエンシィエン孫文スンウェンなどのように現地風の発音で書かれている。

ところが、天津は現地風の発音ではある。しかし、その中国においても地域によって発音がかなり違う。あくまで日本人の読者の視点から見た場合に、中国風の発音という意味で「現地風」なだけである。

たとえば、「北京」という地名も現地では「ペキン」ではなく「ベイジン」と読む。なお、英語の発音では「ペキン」のほうが近い。このように、英語と現地語が異なっている場合もあるので、現地風の発音を覚えても、大人になってから英文を読むのに役立たない。

「香港」も地域によっては発音は「ホンコン」 (正確には「ヒョンゴン」) ではなく「シャンガン」である。このように地域によって発音が大きく違うため、発音を細かく覚えても無駄である[ウィキブックスの1編集者の見解または意見に過ぎません]

社会科の学習では中学生用の参考書を買って読むべき[ウィキブックスの1編集者の見解または意見に過ぎません]編集

たとえ、あなたの苦手科目が社会科であっても、中学生用の社会科の参考書をすぐに購入して読むことをお勧めします[ウィキブックスの1編集者の見解または意見に過ぎません]。参考書を分野ごとに分けて買うことを面倒と感じる場合は、地理・歴史・公民 (3年生から) の3分野が1冊にまとまってる参考書も市販されていますので、そのような参考書を買って読み進めるのも良いかもしれません[ウィキブックスの1編集者の見解または意見に過ぎません]。また、公民の参考書は,3年生になる前に買っておくのが便利[要出典]でしょう。

小学生用の参考書の使用編集

あなたが中学生なら、基本的に小学生用の参考書ではなく中学生用の参考書で社会科を学習してください。小学生用の参考書を捨てる必要はありません。さりながら、中学校における日頃の学習では中学生用の教科書や参考書で勉強するべき[ウィキブックスの1編集者の見解または意見に過ぎません]です。なぜなら、中学校から社会科は「地理」分野及び「歴史」分野に (3年生からは「公民」分野にも) 分かれます。さらに、内容を小学校より深く学びますので、(例:小学校で1年だけで縄文時代から現代まで学んだ歴史は中学校では1年生から3年生までかかって石器時代 (縄文時代の1つ前) から現代まで進んでいく程内容を深く掘り下げていく)小学校の参考書は小学校の確認などに使い中学校では中学生用の参考書を読まれたほうがいい[要出典]のです。

また、「教科書を理解してから、中学生用の参考書を買おう」なんて思うべきではありません[ウィキブックスの1編集者の見解または意見に過ぎません]。むしろ、社会科が苦手な人こそ参考書を買うべき[ウィキブックスの1編集者の見解または意見に過ぎません]なのです。なぜなら、教科書では、入試に出やすい重要語句であってもマークアップ (太字などで目立たせる) をしていない場合が多い[要出典]です。であるからして、参考書でも重要語句を確認する必要があります。

解説を読んだ上で暗記する編集

解説を読まずに、用語を一字一句やみくもに丸暗記で覚えようとしないでください[ウィキブックスの1編集者の見解または意見に過ぎません]。「教科書で紹介された用語や地名やデータを、一字一句、丸暗記で覚えよう」というのはほぼ不可能[要出典]なためです。ここで言うデータとは、例えば「石油の産出量の世界1位はロシア、2位はサウジアラビア。」のようなデータのことを指します。

もし、ロシアの石油の産出量の順位を覚えようとされる際は、まず中学生用の参考書でロシアの産業やロシア経済などについての説明を読むのが先です[ウィキブックスの1編集者の見解または意見に過ぎません]。そうしてロシアの全体像を把握してから、「ロシアの石油の産出量は世界1位」と暗記されることを推奨します[ウィキブックスの1編集者の見解または意見に過ぎません]。そうすれば、ヨーロッパにロシアがパイプラインを引いている理由が分かり、ヨーロッパの石油の輸入元を答えられるようになったり、というように利点があります。

社会科のデータ量は膨大であり、ほとんどの場合全てのデータを丸暗記では覚えきれません。参考書などを用いて重要語句や重要データの解説を読んだ上で、重要知識を覚えてください。参考書を読めば、自然と多くの解説文にも目を通します。

配布された検定教科書編集

参考書を読み終えることは教科書で行う場合に比べ時間が掛かります。中学校で教科書をもらったら、先ず教科書を読み始めるべきです。教科書は重要事項が短めにまとまっているため、短時間で読み終えることができます。

学校の定期テスト問題も、多くは教科書から出題される[要出典]ので、教科書を読む必要があります(教科書以外にも、配布されたプリント、資料集などから出ることもある)。

関連項目編集