条文編集

夫婦の財産関係)

第755条
夫婦が、婚姻届出前に、その財産について別段の契約をしなかったときは、その財産関係は、次款に定めるところによる。

解説編集

本条から第762条までにおいて、婚姻による夫婦の財産関係について規律する。

比較法的には、婚姻関係が成立すると、夫婦の財産が原則として共有となる「夫婦共有制」や、明治民法のように原則として夫のみに帰属する制度などがあるが、現代民法は、憲法第13条及び第24条第2項に基づき、夫婦各々に財産が属し、婚姻費用を各々で分担するという別産・別管理制が採用されている(法定財産制度 第762条)。

夫婦間において、婚姻費用の負担の取り扱いについて、婚姻の届出前の契約により法定財産制度を適用しないことも可能であり、これは「夫婦財産契約」と呼ばれ、明治民法にも存在する規定(旧・第793条)であるが、日本の婚姻慣習において馴染みがない制度であり、また、対抗要件を得るのに登記が必要であり、変更も許されないなど柔軟性に欠けることもあって締結される実例はきわめて少ない。

参照条文編集

参考文献編集

  • 『民法(5)親族・相続(第3版)』有斐閣新書(1989年、有斐閣)45頁-66頁(山脇貞司執筆部分)
  • 泉久雄『親族法』101-121頁(1997年、有斐閣)

参考編集

明治民法において、本条には以下の規定があった。

  1. 女戸主ハ年齢ニ拘ハラス隠居ヲ為スコトヲ得
  2. 有夫ノ女戸主カ隠居ヲ為スニハ其夫ノ同意ヲ得ルコトヲ要ス但夫ハ正当ノ理由アルニ非サレハ其同意ヲ拒ムコトヲ得ス

前条:
民法第754条
(夫婦間の契約の取消権)
民法
第4編 親族

第2章 婚姻

第3節 夫婦財産制
次条:
民法第756条
(夫婦財産契約の対抗要件)


このページ「民法第755条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。