高等学校地理探究

小学校・中学校・高等学校の学習>高等学校の学習>高等学校地理歴史>高等学校地理>高等学校地理探究

 「地理探究」は、地理歴史科の中に設けられた標準単位数3単位の選択科目です。必履修科目「地理総合」の学習によって身に付けた資質・能力を基礎に、系統地理的な考察、地誌的な考察によって習得した知識や概念を活用して、現代世界に求められるこれからの日本の国土像を探究する科目として、今回の改訂より新たに設置されました。[1]

学習上の注意編集

当ページは、地理の教科書配列順となっていません。

※各項目の太字や下線は項目・見出しで示されていない用語で重要と思われるものに限定しています。

※人間生活と自然のタイトルは教科書だと生活文化の記述になります。

進捗状況の凡例

  数行の文章か目次があります。
 :本文が少しあります。
 :本文が半分ほどあります。
 : 間もなく完成します。
 : 一応完成しています。

内容編集

  1. 国家と国家群  (2022-09-15)
  2. 世界地図とその利用  (2022-00-00)
  3. 地図の種類とその利用  (2022-00-00)
  4. 世界の大地形  (2022-00-00)
  5. 世界の気候区分  (2022-00-00)
  6. 土壌  (2022-00-00)
  7. 人間生活と自然  (2022-09-17)
  8. 林業・水産業  (2022-00-00)
  9. 工業  (2022-00-00)
  10. 世界の貿易事情  (2022-00-00)
  11. 村落と都市  (2022-09-14)
  12. 交通・通信  (2022-07-19)

出典編集

以下の地理B・地理探究の教科書会社3冊、地理図説をもとに自身のノートでまとめ直して作成しています。また、統計資料については総務省統計局の統計データを用いています。

  • 二宮書店
  • 帝国書院
  • 東京書籍
  • 東京法令出版(とうほう) フォトグラフィア 地理図説
  • 総務省統計局
  1. ^ 高等学校学習指導要領(平成30年告示)解説地理歴史編