法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)民法第657条

条文編集

寄託

第657条
寄託は、当事者の一方がある物を保管することを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる。

改正経緯編集

2017年改正により、寄託の定義が以下のとおり改正された。

(改正前) 当事者の一方(受寄者)が相手方(寄託者)のために保管をすることを約してある物を受け取ること(要物性)
(改正後) 当事者の一方(寄託者)がある物を保管することを相手方(受寄者)に委託し、相手方(受寄者)がこれを承諾すること。

本改正においても、要物性の要件が薄れ、諾成契約であることが明確になっている。

解説編集

参照条文編集

判例編集


前条:
民法第656条
(準委任)
民法
第3編 債権

第2章 契約

第11節 寄託
次条:
民法第657条の2
(寄託物受取り前の寄託者による寄託の解除等)


このページ「民法第657条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。