法学民事法民法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)

条文編集

(協議上の離婚の規定の準用

第771条
第766条から第769条までの規定は、裁判上の離婚について準用する。

解説編集

  • 第766条(離婚後の子の監護に関する事項の定め等)
  • 第767条(離婚による復氏等)
  • 第768条(財産分与)
  • 第769条(離婚による復氏の際の権利の承継)

それぞれ離婚の効果一般についての規定であるため、裁判上の離婚についても準用される。

一方、民法第764条(婚姻の規定の準用)や民法第765条(離婚の届出の受理)は、離婚の意思表示や届出を前提とする規定であることから、裁判上の離婚の規定の準用はなされない。

参照条文編集

判決編集

参考編集

明治民法において、本条には以下の規定があった。趣旨は、民法第736条に継承された。

養子、其配偶者、直系卑属又ハ其配偶者ト養親又ハ其直系尊属トノ間ニ於テハ第七百三十条ノ規定ニ依リ親族関係カ止ミタル後ト雖モ婚姻ヲ為スコトヲ得ス

前条:
民法第770条
(裁判上の離婚)
民法
第4編 親族

第2章 婚姻

第4節 離婚
次条:
民法第772条
(嫡出の推定)


このページ「民法第771条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。