法学民事法民法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)

条文編集

後見人の欠格事由)

第847条
次に掲げる者は、後見人となることができない。
  1.  未成年者
  2.  家庭裁判所で免ぜられた法定代理人保佐人又は補助人
  3.  破産
  4.  被後見人に対して訴訟をし、又はした者並びにその配偶者及び直系血族
  5.  行方の知れない者

改正経緯編集

戦後改正時に明治民法第908条に定める後見人の欠格事由を継承したものであるが、1999年改正において、前条「辞任後見人による新たな後見人の選任請求」を新設挿入したことに伴い、条数が繰り下がった。
本条に定められていた、保佐人に関する準用規定は、民法第876条の2に移行され、また、補助人に関する準用規定が民法第876条の7に制定された。

解説編集

後見人の欠格事由を列挙する。

参照条文編集

参考編集

明治民法において、本条には、縁組に関する婚姻の手続きの準用規定があったが、趣旨は民法第799条に継承された。

第七百七十四条及ヒ第七百七十五条ノ規定ハ縁組ニ之ヲ準用ス

前条:
民法第846条
(後見人の解任)
民法
第4編 親族

第5章 後見
第2節 後見の機関

第1款 後見人
次条:
民法第848条
(未成年後見監督人の指定)
このページ「民法第847条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。